ED治療 薬 使わない

ED治療に薬を使う必要なんてない?バイアグラ、レビトラなどに頼らない治し方とは?

薬

 

初めまして、都内でWEB関係の仕事をしているFと言います。

 

既婚です。

 

現在35歳になりますが、実は1年ほど前、結構深刻的なEDになりました。

 

 

朝立ちは全くと言っていいほどしないし、なんだか常に体にダルさを感じる気がする・・・

 

いざ、やろうとすると、中々立たなくて挿入出来ないし、やっと入ったら入ったで、しばらく動いていると、中折れという感じで、段々と自分にも自信をなくし、エッチに対して不安を感じるくらいでした。

 

実は、オナニーだと結構イケるのですが、妻との行為になると、体力の無さからなのか、全くイケなくなったんです。

 

 

 

最初の内は妻も、

 

 

「まぁ、最近忙しいんだから仕方無いんじゃない?また今度頑張ろうよ!」

 

 

と声を掛けてくれていたのですが、段々とエッチをしない回数が増えてくるうちに、明らかに欲求不満な態度を示すようになりました。

 

「えっ、また立たないの?」

 

「もう病院行ったら・・・?」

 

「たばこ辞めたら・・・?」

 

「飲み過ぎてるんじゃない・・・?」

 

 

・・・・

 

ほぼ、毎日機嫌が悪く、小言ばかり言うようになりました。

 

元々温和な方の彼女なので、こういった感じで文句を言うなんて、相当溜まっていたんだと思います。

 

 

 

そして、このような感じが、おおよそ、半年くらいこんな時期が続いた頃でしょうか?

 

とうとう妻から、

 

 

「ねぇ、ちょっと本気で頑張ってよ!私に魅力が無くなったの?それとも浮気してるの?病院にもちっとも行ってくれないし・・・、このままだと離婚したくなっちゃう・・・」

 

 

と泣きながら、言われるようにまでなりました。

 

 

 

流石に、これはマズい!と思い、僕も本気でEDを改善しようと決めました。

 

ただ、僕的にはまだまだ薬に頼りたくなかったし、やっぱり副作用などが気になっていたので、バイアグラやレビトラなどの薬には頼らない方向で、様々な方法を勉強しました。

 

勉強した本

 

 

 

実際、ネットで調べてみても、結構、EDによるセックスレスで悩んでいる方は多いみたいで、Yahoo知恵袋なんかでもかなり、不満が見受けられるようでした。

 

で、私も同じように悩んで、色々試してみたのですが、最も効果が高く、しかも健康的にEDを治す方法を見つけたので、シェアしたいと思います。

 

滅茶苦茶効果が高いので、是非、EDで悩まれている方は参考にしてみて下さい。

 

まずは、EDの原因を知る!

さて、早速EDの改善方法を示したいところではあるのですが、まずは最初にEDの原因から説明していきたいと思います。

 

EDの原因にも様々な要因があって、もしかしたら、あなたのEDの原因は、私のやり方では治せないかもしれないからです。

 

もし、あなたの原因が、私の方法で治せないようであったら、別のヒントを提供していますので、ソチラを参考にするようにしてください。

 

 

 

では、上記を踏まえて、コチラの説明から始めましょう。

 

勃起のメカニズム・・・

性的な刺激によって大脳が興奮すると、その興奮は脊髄を通って勃起中枢に伝わり、さらにペニスの陰茎海綿体の神経に届きます。すると、海綿体の中で「一酸化窒素」が放出されて血管や筋肉に作用し、「サイクリックGMP」という物質が増えます。


このサイクリックGMPが増えると、海綿体の筋肉が緩んで血管が拡がり血液が大量に流れ込むので、スポンジ状の組織である海綿体に血液が充満します。

 

こうして、下方に垂れていたペニスは硬く大きくなって、起ち上がったような状態になるのです。

 

しかし、海綿体に血液が流入しただけでは勃起を持続することができません。

 

ある程度血液が流入すると、海綿体の静脈が圧迫されて塞がります。これにより、血液の流出が防がれ、勃起を維持できるようになります。

 

このように、正常な勃起を促すためには、性的な刺激を感じる「脳」、脳で受けた刺激を伝達する「神経」、さらに陰茎海綿体の血流を確保する「血管」、勃起状態を維持する「海綿体(ペニス)」の4つの器官が正常に機能することが必須条件となります。

 

ヘルスケア大学〜勃起の仕組み〜から引用

 

 

如何だったでしょう?

 

上記は、正常な勃起を果たすためのメカニズムを説明した内容で、正常な勃起を促すためには、

 

 

  • 性的な刺激を感じる「脳」
  • 脳で受けた刺激を伝達する「神経」
  • 陰茎海綿体の血流を確保する「血管」
  • 勃起状態を維持する「海綿体(ペニス)」

 

 

が大事だという事を述べています。

 

 

 

一口にEDと言っても、様々な要因があります。

 

心が問題であったり、性器が問題であったり、血管が問題であったり・・・

 

すなわち、EDとは、上記で説明した4つの内のどれかが正常に働いていない状態のことなのですね!

 

 

 

つまり、EDを治すには、この4つを正常に働かせない要因を作っているモノを突き止めて、それを改善していけばいいワケです!

 

具体的に、どのような原因があるか?

 

4つの重要な器官に、影響する要因も含めて意識してみて下さい。

 

心因性のED

心因性ED

 

過去のトラウマ、極度の緊張、仕事のプレッシャーなどからによる心の問題によるEDです。

 

若いうちは、よく初めてのセックスなどで緊張して立たなくなることが多いですが、私くらいの年齢の方の場合は、仕事のプレッシャーなどによる鬱的要素が非常に影響を与えるようです。

 

例えば、責任ある仕事で常に緊張にさらされているとか、上司からの圧迫などによる影響ですね。

 

この場合ですと、中々改善策は難しいです。

 

勿論、身体を改善することで、心が落ち着き、回復することもありますが、原因の基となっているプレッシャーを避けることが出来なければ、中々回復は難しいでしょう。

 

 

 

今回紹介する方法ではありませんが、プレッシャーを感じやすかったり、いつも不安な気持ちになりやすい方は、片付けや、その日の出来事や、考えなければいけない出来事をノートなどにまとめることを推奨します。

 

片付け!と言っても、ただ単に片付けるのではなく、部屋の中の要らないモノをドンドン捨てていくことで、片付けを行っていきます。

 

所謂、断捨離と呼ばれるもので、最も手軽で、最も最短で心の中のモヤモヤや不安を消し去ってくれますよ!

 

また、やらなければいけない出来事や不安に感じていることをノートにまとめることで、心の不安を取り除いたりすることも出来ます。

 

 

この心因性のEDは、何か不安に感じていることや、極度のストレスで自律神経が乱れてしまったことが真の要因です。

 

上記のような、ストレスを無くす対策や、気分が改善される方法を色々試して正常な神経を取り戻すことを目指していきましょう。

 

太陽を浴びて、セロトニン(幸福物質とも呼ばれる、自律神経の回復に好影響)を回復させたり、リズム運動で、セロトニンを増幅させるなどの対策も有効になるでしょう。

 

私のED改善法などでも、かなり回復されるとは思いますが、どうしても、うつ病などの深刻な自体に陥ると自分ではどうしようもなくなりますので、お医者様に相談するようにしてください。

 

年齢によるED

加齢によるED

 

さて、お次は年齢によるEDです。

 

これは、年を重ねるごとに、血管や神経が衰えてしまい、EDになってしまうという事態です。

 

ハッキリ言ってどうしようもないように感じるかもしれませんが、意外とそんな事はなく、60歳でも、70歳でも、食生活を気を付けることで普通に営みを続けられるようになるそうです。

 

これから紹介する私の方法でも、かなり効果が期待できると思います。

 

年齢を重ねたうえでのEDの方は、キッチリと食生活を改善し、余計な習慣を無くす(喫煙、アルコールなど)ことで、まだまだ回復出来ることでしょう。

 

高齢でも、まだまだ性欲を回復したい方は、諦めないでください!

 

生活習慣によるED

食生活によるED

 

もう、8割以上の方が、これが原因でEDだと言っていいと思います。

 

恐らく、あなたもこれが原因でのEDでしょう。

 

コンビニ弁当、ジャンクフード、過食、夜更かし、喫煙、アルコール、不規則な生活、過労による疲れ・・・

 

こういった、当たり前にダメと言われているような食生活は、モロにペニスへと影響してきます。

 

 

 

実は、最も体の健康状況を見るのに優れているのが、朝立ちで、アレは正常な血液の循環により引き起こされます。

 

つまり、朝立ちが少なくなってきたという方は、食生活の乱れから、血流の流れが非常に悪くなっているということ!

 

朝立ちも上手くいかないのですから、当然、夜の方も上手く立たなくなります。

 

私が今回提案する方法も、ここに一番着目して改善する方法になります。

 

ハッキリ言って、ここに問題がある方の場合は、圧倒的に効果が実感できると思いますよ!

 

私もびっくりしました。

 

本当に、食生活って大切なんですね。

 

 

 

血液の巡りが回復してくると、次第にエネルギー力も回復してきて性欲も増してくると思います。

 

是非、日頃の食生活に不安がある方は参考にしてください。

 

神経系の障害によるED

神経によるED

 

途中で出てきた鬱病などもそうですが、神経系をダメにする病気はやはりEDになりやすいです。

 

脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの病気は自律神経障害を引き起こすので、EDの原因となりやすいです。

 

また、がん手術やそのほかの外傷などの手術で、神経を摘出したり、血管を摘出すると、これまたEDになります。

 

当然ながら、今回紹介する方法などでは対処できませんので、医師による相談で対応していただくことになります。

 

こうした場合は、逆に薬を使用することで対処できるという話も聞いたことがあります。

 

諦めずに、病院で治療法を模索しましょう。

 

服用中の薬剤によるED

薬剤によるED

 

残念ながら、服用している薬剤による原因でEDになる場合もあります。

 

例えば、抗うつ剤ですが、中枢神経や抹消神経に作用するお薬なので、EDになりやすくなるとも言われています。

 

中枢系に作用する薬の種類としては、解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗けいれん薬、睡眠薬など・・・

 

抹消神経に作用する薬としては、骨格筋弛緩薬、局所麻酔薬、抗コリン薬・・・

 

また、循環系に作用する、利尿剤、不整脈治療剤、降圧剤、血管拡張剤、

 

消化系に作用する、消化性潰瘍治療薬、局所麻酔薬、鎮痙薬なども影響を与えるようです。

 

 

また、頭皮系にお悩みの方で、プロペシアやザガーロなどの育毛薬を飲まれている方は、精力が低下するとも言われていますね。

 

基本的に、薬の影響を受けている場合は、仕方がないと思いますが、それでも一応、私が推奨するやり方もやってみて下さい。

 

なぜなら、結果的に体も健康的になるので、原因が何なのか?突き止めやすくなるからです。

 

私が紹介する方法を試しても、EDが改善されない場合は、薬が原因でのEDだと特定出来るでしょうし、薬を止めれば、元に戻りますから、安心できるでしょう。

食べないことが、ED改善の近道と知れ!酵素による断食で、代謝酵素を復活させよう!

食べない

 

さあ、かなり長くなってしまいましたが、ご自身のEDの原因はある程度理解できましたか?

 

いよいよ薬を使わない、EDの改善方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

実は、EDを改善するのに最もいい方法は、

 

 

 

・・・・食べないこと

 

 

 

 

なのです!

 

食べない

 

 

 

「えっ?食べないこと・・・・?そんなので、EDが改善されるの?」

 

恐らく、ほとんどの方がそう思ったことでしょう。

 

でも、本当に食べないことが、一番EDを改善してくれるんです。

 

それどころか、血管と血液を綺麗にし、血の巡りを良くして、体中エネルギーに溢れる人間にしてくれることでしょう。

 

 

 

所謂、断食!というやつです。

 

 

 

断食・・・・

 

僕は、最初、断食をただのダイエット手法であったり、僧の修行の一環くらいにしか思っていなかったんです・・・

 

ですが、この断食を試した時から、みるみる体に変化が・・・

 

 

 

 

あまりの効果の高さに、多分あなたも滅茶苦茶驚きますよ!

 

まるで生まれ変わったような体験が出来るのです。

 

これから、断食で改善するとはどういうことか?具体的に説明していきますね。

 

 

 

僕たちがEDを改善するカギを握るモノとして、酵素というモノがあります。

 

酵素というと、なんだか科学の反応に出てきそうな物質ですが、実は人間の体内の中でも最も大事なモノの一つで、車でいうところのバッテリーのような働きをしてくれます。

 

つまり、エンジンに電気を供給し、制御していると考えてみて下さい。

 

この酵素がないと、人間は精力的な活動が出来ないのです。

 

 

 

人間の体内にある酵素というのは、代謝酵素と消化酵素に分かれ、実はその絶対量が決まっています

 

つまり、消化酵素を使いすぎると、代謝酵素が減り、代謝酵素を使いすぎると、今度は消化酵素が減るのです。

 

また、一生で使える酵素の量も決まっているので、無駄遣いは出来ません。

 

ある程度、1日で使用する酵素の量は決まっていますが、余計な酵素を消費させると、それだけ年をとってから苦労をすることになりますね!

 

最も酵素を使用しすぎるのが、消化に対して!

消化

 

さて、通常の人であれば、最も酵素を使用しているのが、消化に対してです。

 

実は、最もエネルギーを消費しているのが、消化という行為で、食べ物を食べ過ぎたりすると、代謝酵素が足りなくなり、活動に対するエネルギーが不足するのです。

 

酵素プロセス

 

上図を見て頂いても分かるように、明らかに、暴飲暴食は、体の基礎力を低下させるということが分かって頂けますよね?

 

人間基礎力が上がれば、自然と、血液の循環も良くなり、ペニスが立ちやすくなるものなのです。

 

 

 

だからこそ、消化に使用される酵素の量を抑えるために、食事量を減らす必要があります。

 

具体的には、朝ごはんを無くし、1日2食の生活にする!

 

さらには、自らが酵素を持つ食事を食べるようにして、徹底的に消化に対する負担を軽減させていきます。

 

無論、タバコやお酒、コーヒーなどの刺激物は厳禁です。

 

大変かもしれませんが、この方法に勝るED改善方法はないと言っていいでしょう。

 

何度も言いますが、驚くほど効果的で、健康的かつ、最大限に、体のパフォーマンスを高めてくれます。

 

是非、EDに悩んでいる方は、挑戦してみて下さい。

具体的な手法!半断食と、2日断食!

さて、酵素の重要性、食べないことの重要性を理解してもらったところで、より具体的な、食生活の改善方法をお伝えしていきます。

 

まず、食事ですが、先ほども話したように、消化に良いものを食べるようにします。

 

キャベツ、大根、ニンジン、ブロッコリー、ヤマイモなんかは、自らが酵素を沢山含んでいるから、胃の中で勝手に酵素分解してくれて、僕らの消化を助けてくれるようになります。

 

試しに、朝、昼、晩と、キャベツを千切りにしたものに、たっぷりの大根おろしを掛けて食べてみて下さい。

 

大根キャベツ

 

あまりの酵素の量に、おなかがグルグル巻いて、すぐに下痢になってしまうこともあるくらいですよ。笑

 

僕の場合は、キャベツの上に大根おろしと醤油、アマニ油、酢を混ぜたものを掛けていますが、これがまた、美味しくて病みつきになります。

 

是非、試してみて下さい。

 

 

 

 

また、消化酵素を含んだ別の食べ物としては、パイナップル、パパイヤ、マンゴー、イチゴ、キウイ、アボガドなんかがあります。

 

果物類

 

基本的に果物は消化が良いですが、上記は特に酵素をふんだんに含んでいますから好んで食べると良いでしょう。

 

 

 

 

あと、大事なのが、野菜を生と温めたもので、5:5で食べるようにすることです。

 

勿論、酵素は、生のものにしか存在しないのですが、それだとどうしても、温めたものにしか存在しない栄養素を摂取出来なくなるんです。

 

ただ食べなければ良い・・・という事ではなくて、ポイントは、消化に負担を掛けないようにすることと、しっかりと栄養素は摂取する!ということなんですね。

 

いくら、消化酵素を押さえられたところで、体に必要な栄養素が不足してしまっては意味がありませんから、しっかりと温野菜と、生野菜のバランスを守るようにしてください。

 

 

 

 

更に、お肉とお魚は、なるべく週に3回か4回に押さえるようにし、肉の日は魚を避け、魚の日は肉を避けるなど出来るだけ一緒に摂取するのを止めてください

 

食事

 

肉や、魚というのは、大変消化が大変な為、タダでさえ、消化に労力を消費してしまいます。

 

なるべく量を減らして、交代で食べるのが、栄養バランス的にも丁度良いのです。

 

 

 

 

さて、食事の摂取は上記のような点に関して気を付けて頂ければよいのですが、大事なのが半断食と、2日断食です。

 

半断食は、先ほども少し説明したように、朝ごはんを抜くだけの簡単なモノです・・・

 

誰でも簡単に、明日からでも取り組めるでしょう。

 

 

 

しかし、二日断食とは、一ヶ月に一回くらい行うもので、なんと二日間もの間、一切の食事を無くしてしまいます

 

2日間もご飯を食べないので、ちょっとずつご飯を減らしていく、準備期間と、断食をした後の復食期間というものを設けないといけません!

 

でも、これが、滅茶苦茶効果が高いんです!

 

多分、二日断食を行った後では、すぐにEDの改善が行われることでしょう。

 

 

 

では、詳しいやり方をそれぞれ、説明していきましょう。

 

 

断食とは、完全に食べないのではなく、食事をドリンクで置き換える!

 

まず、半断食の場合、普段の食事の量を減らし、朝の食事を酵素ドリンクに置き換えるようにします。

 

断食とは言っても、完全に飲まず食わずではなく、栄養が沢山詰まった酵素ドリンクを飲むことで、栄養はしっかりと摂取しながら、消化酵素を押さえることが出来るようになります。

 

食事は、上記で説明したような食事を心がけて摂取するようにし、食べる量をかなり減らすようにしましょう。

 

大体、腹8分目と言いますが、腹6分目くらいが丁度良いようです。

 

まだ、食べたりないな・・・・

 

こう、思えれば、丁度良い食事の量を食べていると思ってください。

 

 

半断食の場合、何度も言っていますが大事なのが、余計な消化酵素を使わないようにすることです。

 

キムチや納豆、漬物、味噌などの発酵食品も酵素が含まれた食品なので、積極的に摂取するようにしてみて下さい。

 

 

準備期間と、復食期間

 

さて、半断食の場合は上記のやり方だけでいいのですが、二日断食になると、それなりに知識と準備が必要です。

 

おおよそ、三日前から段々と食事を減らしていき、断食を始める一日前などは、御粥やイモ、お味噌汁くらいの、かなり軽食にする必要があります。

 

これを準備期間と言い、酵素断食の効果を最大限に高めてくれるために必要な行為となります。

 

準備食期間

 

上記は、私が断食をやった時の前日の食事ですが、かなり軽目の食事で写真の量の半分くらいを食べました。

 

勿論、断食明けも、これくらいの量の食事で済まし、本当にちょっとずつ復食させていったのです。

 

 

 

二日も食べないと、完全におなかは空腹状態になります。

 

最初は、お味噌汁だけとか、かなり柔らかめの御粥などを食べるようにして、腸をビックリさせないようにしましょう。

 

断食中も、酵素ドリンクは飲んで構いません。

 

というか、むしろ、食事を全て酵素ドリンクで置き換えます。

 

お腹が空いたら、食事の代わりに酵素ドリンクを飲む!という感じですね。

 

 

 

これにより、体中の毒素も排出され、血液の汚れも全て改善され、血流の流れが良くなります。

 

是非、酵素断食で、体中の汚れをデトックスして、健康的な血液の巡りを取り戻してください。

 

 

 

酵素断食をする際に押さえておくべき注意点!

さて、ある程度、断食についての知識、イメージは出てきたと思いますが、ここで酵素断食をする際において、大切な注意点をお話ししておこうと思います。

 

たかが、断食と言えど、しっかりとした知識、押さえておかなければならないポイントはいくつかありますから、きちんと覚えておいてください。

 

 

 

喫煙、アルコールは厳禁!体の毒となりそうなモノは徹底的に避ける事!

喫煙

 

まぁ、先ほども言っていますが、喫煙とか、アルコールの摂取は絶対にやらないでください。

 

特にタバコは、折角の断食を全てぶち壊すほどの最悪な影響を与えてしまいます。

 

いや、むしろ、タバコだけのせいでEDになっている人もいることでしょう。

 

タバコは、血管を収縮させるので、血液が流れにくくなり、結果的に、ペニスに血液が流れにくくなるのです。

 

本当にEDを改善したいと思うのなら、辞めておきましょうね。

 

 

 

勿論、喫煙だけでなく、ジャンクフードやコンビニ弁当、お菓子なんかも厳禁です。

 

ラーメン、パン、ジュースなんかは、思わずコンビニで買ってしまいそうですが、これら全てが毒になり得ますので、断食をする際は食べないようにしておきましょう。

 

どうせやるのなら、完全に体の中身を切り替えるつもりで、徹底的に行ってください。

 

ほぼ100%と言っていいほど、EDは改善されますから!

 

 

断食中は、早めの睡眠、早めの起床を心がける。運動をする

早起き

 

あと、睡眠ですが、なるべく夜の10時までには寝るようにしてください。

 

なぜなら、ゴールデンタイムといって、夜の10時から12時までが細胞の生まれ変わりが起きるからです。

 

本来、人間の生理リズムは、夜の8時から朝4時までが、睡眠と吸収の時間で、4時から昼の12時までが、排出の時間12時から8時までが栄養補給と、消化の時間と決まっているのです。

 

なるべく、本来の人間の生活リズムに戻すことで、生まれながらのエネルギーを取り戻すことが出来ます。

 

是非、しっかりとした睡眠を心がけてください。

 

 

 

また、運動も非常に大事な要素です。

 

運動は、血管を拡張し、血液の循環を高め、体の基礎代謝を高めてくれる働きがあります。

 

何度も言いますが、大事なのは血流の改善です。

 

週に3回ほどで良いので、軽いジョギングなどをして、代謝の働きを高めるようにしてください。

 

食事療法と合わせることにより、より強力な効果を発揮してくれることとなります。

 

断食中に少し体調が悪くなっても、辞めないこと!

 

意外かもしれませんが、断食中に、結構気分が悪くなる人がいます。

 

理由は、体調が悪くなっているのではなく、体中の毒素が血液中に排出され、体から押し出されようとしているからです。

 

これを、好転反応と呼び、断食のデトックス反応が成功している証拠でもあります。

 

ですから、断食で、頭が痛くなったり、体が重くなったり、咳が出だすといった風邪のような反応が出たとしても、断食を途中でやめないようにしてください。

 

大体、一日目に反応が出たら、二日目には収まることが多いです。

 

多分、この反応のことを知らないで、断食を行った場合は、ビックリすると思いますので、最初から、「好転反応で、少し気分が悪くなるんだ!」と理解を示しておきましょう。

 

いざ、何らかの体調の変化があったとしても、慌てないで済むと思います。

 

 

 

酵素ドリンクは無添加の物を飲むようにする

酵素ドリンク

 

さて、断食の置き換えの際に使う酵素ドリンクですが、天然成分のしっかりとした、完全無添加酵素ドリンクを利用するようにしてください。

 

間違っても、市販の野菜ジュースとかダメですよ。

 

添加物だらけで、断食の苦労が全て水の泡となります。

 

優光泉

 

上記は私が利用している優光泉と呼ばれる酵素ドリンクですが、完全無添加!混じりっ気なしの天然成分で作られた酵素ドリンクになります。

 

優光泉成分表

 

なんと、60種類もの野菜や果物が詰まっていますし、味も最高に美味しくて、飲みやすいですよ!

 

1100mlも入って、7,992円です。

 

普通に野菜ジュース作って飲むよりかは、断然安くで飲めるので、お勧めです!

 

優光泉の公式サイトはコチラ⇒

 

男の酵素ダイエット

 

 

 

 

大体の目安なんですが、半断食だけであれば、1日一杯ずつ飲んで、1ヶ月くらいで無くなります。

 

二日断食を行う場合は、それだけで一本半=825mlくらいは使用しますね。

 

勿論、人によりけりで、一本分くらいしか飲まない人もいるでしょう。

 

優光泉

 

何よりも優光泉をお勧めする理由の一つに、プチ断食の解説書も一緒に届けてくれるところです。

 

優光泉解説書

 

恐らく、このサイトで僕が断食の解説もしていますが、よく分からない部分もあって、不安を感じる方もいるでしょう。

 

優光泉であれば、プチ断食の解説書も一緒に添付してくれているので、初めて断食を行う方でも安心して始めることが出来ます。

 

ウチの妻も、私の調子を見て、一緒に始めましたしね。笑

 

 

是非、酵素断食をやろうと思った方は、優光泉を利用してみて下さい。

 

優光泉の公式サイトはコチラ⇒

 

男の酵素ダイエット

薬を使わないでも、完全にEDが回復します!

さて、かなりの長文になってしまいましたが、如何だったでしょうか?

 

酵素断食、ちょっとやってみようと思いませんでしたか?

 

実は、酵素断食をやると、EDの改善だけでなく、

 

  • 綺麗に痩せる
  • 病気が改善される
  • 体中の毒素が排出される
  • うつの気配が弱まる
  • 元気が戻ってくる

 

 

などの効果も表れてくるんです。

 

まぁ、ここまでこのサイトの記事を読んでくださったあなたは、もう大体分かりますよね?

 

 

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは、確かに瞬発性もあって、効果も高いのですが、それは、元からの原因を改善するというよりかは、無理やり血液の循環を促進させて、ペニスを立たせる部分が多いと思います。

 

それではいつまで経っても、真の基礎代謝は改善されないでしょうし、EDを完全に克服した!とは言い難いです。

 

 

 

やはり、自己治癒力を高め、自然の力でEDを回復させる方が、他の病気の誘発も防ぐことが出来、健康的な生活を営みやすくなるでしょう。

 

 

 

 

この、酵素断食の方法は、EDの改善だけでなく、あなたの健康を守るためにも、非常に効果的な方法なワケです。

 

是非、あなたも酵素断食に挑戦して、EDの克服、健康面の改善に取り組んでみて下さい!

 

心より、あなたの回復を応援しています!